So-net無料ブログ作成
検索選択

Windows Defender Service が起動しません [教えて君式マニュアル]

Question
パソコンを起動したら、
Windows 防御ツールの「0x800106ba」というエラーが表示されました。

メッセージにあるように再起動してみたのですが、
何度再起動しても、同じです。
どうしたらいいでしょう?

Answer
ベータ版を使っているのであれば、期限が切れていることが原因です。

その場合は、正式版にアップグレードして下さい。
(ただし、Windows2000でベータ版を使っていたのであれば、
正式版ではサポートされていません。
その場合は、アンインストールの後、必要であれば、Windows2000に対応した同等品を導入して下さい。)

(補足説明)
お使いになっている、Windows Defender(Windows 防御ツール)は、
ベータ2ではありませんか?

そうであるならば、期限切れのため、実行できなくなっているのです。

ベータ2では、サービスモードで動作していますが、
期限が切れると、スタートアップが、「自動」から「無効」に移行します。
                        ↓

また、
サービスのプロパティで、「自動」に変更して、サービスを開始しようとしても、
ローカルコンピュータのWindows Defender Service サービスを開始できません。エラー 2147949456: システムライセンスの有効期限が切れています。ログオン要求は拒否されました。」
というようなエラーが表示され、
スタートアップの種類は、また、「無効」に戻ってしまいます。
    ↓
(Windows2000の場合)

(Windows Server 2003の場合)
エラーナンバーが「0x80071b90」という箇所以外はWindows2000と同じ

 

なお、
この動作については仕様です。
ソフトウェア付属のヘルプを見てください。
     ↓

「The software will stop running on December 31, 2006.」
と記述のあるとおり、
ベータ版は、2006/12/31までの期限が設定されています。

お使いのOSが、Windows XP(SP2) か Windows Server 2003(SP1) であるなら、
こちら(http://www.microsoft.com/japan/athome/security/spyware/software/default.mspx)から最新版をダウンロードして、アップグレードすることをお奨めします。

また、Windows2000 で稼動させていたのであれば、
正式版では、サポートされなくなりました。
ベータ版をアンインストールした上で、
必要であれば、同等のセキュリティソフトを探してみて下さい。 

※蛇足ですが、
コンピュータの時刻を巻き戻して騙してみるという回避策は、
あまり、というか、まったくお奨めできません。


(関連参照)
Windows Defender へのアップグレード
「Windows Defender」正式版がリリース,日本語バージョンも近日公開:ITpro


■検索サイトから、探し物で来られた方へ
Q. この記事中に、探し物は見つかりましたか?

◎ まさにこの情報が欲しかった! 検索サイトに感謝!
○ お目当ての内容じゃなかったけど、少しは参考になった
△ 期待外れだったけど、面白かったから許してやる
× 検索エンジンのバカぁ! 時間を無駄にしたよ
`з´ こんな役立たずな記事アップするな!



2007-01-06 00:31  nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 1

コメントの受付は締め切りました
橋本 嘉明

ありがとうございました。
何とかなりそうです。
by 橋本 嘉明 (2007-02-16 14:17) 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。